転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

迷った挙句に選んだ国語辞典

 

新しい国語辞典が欲しいなと思いつつ、結構迷ってました。

 

今まで持っていたものは、高校入学の時に買った旺文社の

国語辞典で古語辞典とお揃いにしてました。これらを捨て

る機会が無かったわけじゃないのですが、結婚後も一緒に

持ってきたので捨てることが出来なかったんです。

 

しかし、もう35年以上前の辞書です。まだ読めることは読

めますけど、最近の言葉は全く載っていません。

 

 

言葉は生き物なので、たまに買い替えて時の移り変わりを

感じることも必要です。最近はWeb辞書も充実しているので

紙の辞書で無くても構いませんが、ふと調べたいことがあっ

た時いちいちPCや携帯端末の電源を入れるのが嫌だという

性格なので紙の辞書もあると私が嬉しい。

 

それに、漢検の問題で「どこからそんな言葉を引っ張ってき

たの?」という言葉があって調べたら国語辞典に載ってたな

んてこともありまして。

 

 

 

散々迷ってるうちに、明日から消費税が上がってしまう。そ

んなこともあって、近所の書店へ行きました。少々優柔不断

なところがある私のことですから案の定、迷ったのですが。

 

ただ今回は候補を決めていましたので、その中で迷った程度

でしたから時間はさほど掛かりませんでした。何故ならば、

比較してみようと思ったものが店頭になく、ついでに私の目

を引いたのが新解さんではなく別の辞書だったからです。*1

 

 

 

それが、この「集英社国語辞典」だったんです。

 

集英社国語辞典 第3版

集英社国語辞典 第3版

 

 

この辞書、国語+漢字+百科の3つの要素が一冊になっていて、

しかも慣用句・故事・諺も多数収録されているのが特徴のひ

とつになっているんです。

 

 

もう、これを選んで愉しむしか無いでしょう。

 

 

で。

実際に買ってしまった私、目さえ悪くなかったらずっと眺めて

いたい1冊に出会えた気がしています。楽しいです。

 

 

 

*1:新明解国語辞典も候補の一つではありました