転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

確認しよう! 仕訳のルール

とても基本的なことなんだけれど、今一度、確認のために

記録を残すことにしよう。

 

ひとつの取引は、2つの事柄に分けられる。

勘定科目を考える。

勘定科目は資産・費用・負債・純資産・収益

どれかになる。

 

増えたら借方・減ったら貸方



増えたら貸方・減ったら借方

 

 

 

何故か、支払手形が出てきた時だけ借方と貸方とを間違えて

仕訳してしまうんですよ…(T_T)

 

ついうっかり…かもしれないけれど、確認しないとね。