転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

巻き込む人と、巻き込まれる人

世の中には、だいたい2タイプの人がいるらしい。

周りを巻き込む人と、周りから巻き込まれる人と。その真偽の程は分からな

いけれど、私の見知ってる限りにおいては、まあそうかも・・・な感じ。

 

例えば私から見て周りを巻き込んでいく人たちは、よくも悪くも

他人に多大な影響を与えていくイメージがある。以前「仲間がいれば勉強は

楽しい」という記事は書いたが、その仲間を作っていく人たちには大抵そんな

性質があるようだ。自発的に輝く恒星。とても、アツい。

 

対して、周りから巻き込まれる人は惑星のイメージ。恒星の周り

を回って、輝いている。そんなイメージ。だから、アツい人から氷のように冷たい

人までいて、バラエティに富んでいる。恒星の影響を受けながらも、多様な性

質を持っている。

 

どちらも「世の中」という宇宙では必要なので、どちらも存在していて良い。

でも、何かしたいことがあって、それが他の人と一緒にしたいことならば、その

中心に存在していた方が良い。恒星でいた方が良い。それで、良い影響を与え

られるなら、なお良い。

 

ここのところ 、友人たちが講師を務める予定の勉強会の告知を見ていて、 ふと

そんなことを感じたのだった。