転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

父の容態

26日に父が受けた腸閉塞の手術は、先日の

説明時に聞かされていた時間よりも早く終

わり、付添で来ていた母も私もホッとした

ものだったのですが。

 

 

 

今度は熱を出してしまい、「お腹に管を入

れるから病院へ行ってくれるか?」と母か

らの電話。

 

詳しい話はなかったので、何が起きている

のかは分からないまま夫婦で病院へ向かい

ました。一応、「悪い方の想定もしなきゃ

いけないんだろうか」なんて、ふとそんな

考えが頭をよぎりました。

 

そう、もし術後に異変が起きた場合、縫合

不全が考えられるからです。切って縫い合

わせたところ(父の場合は腸の一部)が巧

く繋がらなかった可能性があります。まあ、

それでなくとも他の病気などで抵抗力が落

ちてるでしょうし。

 

 

そう言えば、地元を出たときには外は晴れて

て気持ち良かったのに、病院のある街へ近付

くにつれて雲が厚くなるのを見て嫌な感じが

しましたね。

 

とは言っても、なにか予感めいたものがあっ

た訳ではなく、単純に私が寒いのが苦手なだ

けです(*ノω・*)テヘ

 

 

 

私達が病院へ着いた時、先に到着していた母

から父の容態が今の所あまり良くないこと、

病院から「家族の方それぞれに連絡がつくよ

うにしておいて下さい」と伝えられたことを

聞かされました。

 

どうやら、腸内にいた細菌が血液に乗って身

体の中を回っている状態らしく、腸も膨らん

でしまってるとか。

 

 

確かに術後1週間から10日は注意が必要だとは

聞いていたし、どんなに注意して手術しても1

割は縫合不全など何らかの合併症は起こるとも

聞かされていましたから驚きはしませんでした。

けれど、父の免疫力がどの程度頑張れるか…予

想もつかないです。

 

 

 

出来るなら、せめて一緒に年を越して欲しいもの

ですが。どうなることやら。

 

どうも、気が休まらない日々です。

 

 

 

f:id:nekomama:20191230101318p:plain