転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

進んでも、留まっても ー 父の手術 ー

今月上旬のことなんですが、実父が救急車に乗って

今お世話になっている病院まで行ったと母から聞か

されました。その時は詳しいことは分からなかった

のですが、何やら病院へ向かう前の慌ただしさだけ

が電話の向こうから伝わってきました。

 

 

そして先週の金曜日、事前に母からも病院からも連

絡があったので気が重いなーと思いつつ病院へ行っ

たら何と、今度は腸閉塞に罹ってると言うじゃあな

いですか。医師が説明の時にCTの写真を見せてくれ

ましたけど、まあ見事に腸がくっついている部分が

(見えるところだけで)2つあります。

 

その時は手術をしたら「他の病気の影響で命が危な

いかもしれない」というリスクを先に告げられたの

ですが、結局、他の複数の担当医師が話し合って下

さった結果、リスクはあるが手術をする方向でいき

ましょうということになりました。

 

そして昨日再び病院へ行き、今度は外科の医師から

話を聞くことになりました。まず、腸閉塞の手術は

それ単体では難しい手術ではないそうです。が、腸

が癒着を起こしている部分が多ければ多いほど難し

くなっていくのだそうです。

 

何故なら、切った部分があればそこを縫わなければ

いけませんから。それが多いほど、縫合が上手くい

かなかった場合のリスクが高くなると聞きました。

 

そこに、父自身に複数の病気があるため、腸閉塞の

手術をしたことによる体へのストレスがどう作用す

るかが分からないというリスクがあります。でも、

手術をしなくても命に関わると聞きました。*1

 

 

結局の所、父本人も再び食べ物を自分で食べたい

という意志もあり、延命治療を希望していないこ

ともありまして、それを尊重して今度の木曜日に

手術をすることになりました。

 

 

medical.jiji.com

 

 

暫く、*2落ち着かない日々が続きそうです。

 

 

2019/12/24 追記

今朝母から電話があって、木曜日の手術が朝8時から

行われると連絡が入りました…(・・;)

 

f:id:nekomama:20191224022945p:plain


 

 

 

 

これまでの経過は以下の通りです

nekomama.hatenablog.com

nekomama.hatenablog.com

nekomama.hatenablog.com

nekomama.hatenablog.com

 

*1:手術をせず、胃ろうを作るにしても同じリスクが付きまとうことになります。

*2:自分の目のこともありますが