転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。


 ネットワークシステムのセキュリティ対策に関する記述のうち,適切なものは
どれか。

 ア ISDN 回線やバケット交換回線では,接続時に通知される相手の加入者番号
  によって相手確認を行うことができる。これをコールバックと呼ぶ。

 イ 回線暗号化装置を DTE(通信制御装置や端末装置など)と DCE(モデムやDSU
  など)の間に設置して,伝送区間ごとに暗号化を行う方法では,既設の
  ハードウェアやソフトウェアの一部に変更が必要になる。

 ウ 閉域接続機能をもつ回線交換網を利用して,回線接続の範囲を特定の
  利用者グループに限定することは,外部からの不正アクセスの防止に有効で
  ある。