読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

思い立ったが吉日

月曜日の記事の続きのような話ですが、今日は思い切って

ジュンク堂まで行って今回使う予定の教材を購入してきまし

た。

 

前回まで使用していたTACの本は気に入ってますが、それ

よりも気分を変えたいという思いが強かったので今回はネッ

トスクールの本にしました。

 

実は、どちらの本も利用したことがあるので変えても違和感

を感じないっていうのが大きいのですけれど。

 

 

年単位で休んだ期間のある私ですが、1度3級に合格した時に

使っていたのはTACの本で、2級の勉強を2回めに始めた時に

使っていたのがネットスクールの本だったりします。でも、その後

暫く休んでしまっていて、復活したのが2013年か2014年あたり

という状態(;´∀`)

 


簿記学習復活のキッカケは、年上の友人から、この本を薦めて戴

いたからなのです。

ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第3版

ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第3版

 


この本のおかげで刺激を受けてしまった私は単純って言えば単純

なのですが、当時簿記に対して重くなった腰を再び上げて再び3級

から挑戦を始めさせるくらいのパワーが本にあったことは確かです。

 


・・・ああ、すっかり話が逸れてしまいました。

 

 

結局、今回使うことにした本は、以下の通りです。

 

サクッとうかる日商2級商業簿記 テキスト+問題集

サクッとうかる日商2級商業簿記 テキスト+問題集

 

 

サクッとうかる日商2級工業簿記 テキスト+問題集

サクッとうかる日商2級工業簿記 テキスト+問題集

 

 

サクッとうかる日商2級商業簿記 本質理解問題集

サクッとうかる日商2級商業簿記 本質理解問題集

 

 

サクッとうかる日商2級工業簿記 本質理解問題集

サクッとうかる日商2級工業簿記 本質理解問題集

 

 

今回は、工業簿記から学び直します。でもその前に

訂正表の確認をしました。特に、初版第1刷というも

のは修正が出るものというのが相場ですので(昔は

各社、よく訂正のレジュメとか入ってましたからね)

 

それはそうと、このシリーズの本は割と字が大きめに

印刷されているお陰で、近眼の私にとっては有りが

たかったです。さっそく、ざっと眺めたりもしましたよ。