転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

(ITパスポート向け)

 フールプルーフの考え方として,適切なものはどれか。

 ア 故障などでシステムに障害が発生した際に,被害を最小限にとどめるように
  システムを安全な状態にする。

 イ システム障害は必ず発生するという思想の下,故障の影響を最低限に抑える
  ために,機器の多重化などの仕組みを作る。

 ウ システムに故障が発生する確率を限りなくゼロに近づけていく。

 エ 人間がシステムの操作を誤ってもシステムの安全性と信頼性を保持する。