転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

読了(o^∇^o)ノ

ビー玉クラブの本 84番セットより

The Story of Babar (Babar Series)

The Story of Babar (Babar Series)

この話が書かれた頃って、やはり「文明=善」という認識が一般的なものだったのかな?
ぞうのババールは、お母さんをハンターに殺されてしまうけれど彼がハンターから逃げた
ところは、人間の暮らす都市というのが皮肉だなと感じてしまった。と、同時に話の時代
性って、こんなところで出るんだなと思った。これは、一種のカルチャーショックなのだ
ろうか?

ビー玉クラブ以外の本の記録は姉妹ブログへ移動しました)