転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

 図に示すテスト工程品質管理図の解釈と今後の対応のうち,適切なものはどれか。

 未↑│   未消化テスト項目数               │↑累
 消││●●●●             ・・・       ││積
 化││ ・・ ●●         ・累積誤り検出数    ││誤
 テ││   ・・         ・    の予測     ││り
 ス││     ・       ・             ││検
 ト │      ・     ・              ││出
 項 │       ・   ・               ││数
 目 │        ・ ・                ││
 数 │      ●  ・                 │
   │      ● ・  ・                │
   │     ● ・    ・               │
   │     ●・      ・              │
   │    ●・       ・             │
   │   ●・         ・            │
   │  ●            ・未消化テスト項目数  │
   │● 累積誤り検出数       ・・ の予測     │
   └───────────────────────────┘
          ↑(現時点)              日数→

 ア 作り込み品質が悪いと判断できるので,誤り多発箇所の重点対策が必要で
  ある。前工程の品質状況を見直し,必要であれば前工程をやり直す。

 イ テスト項目の消化が遅く,今のうちにテスト環境の不備や開発要員の不足
  について,対策を検討しておくべきである。品質については,予想した以上
  に誤りを検出しており,問題はない。

 ウ テスト項目の消化が速く,予測した以上に誤りの検出が進んでいる。テスト
  の前半でもあるので,このままテストを継続して様子を見るのがよい。

 エ テスト項目の消化度合いに比べて誤りの検出が進んでおり,テストが効率的
  に進行中である。現時点で注意することはないが,未解決な誤りを長期間抱え
  込まないように,誤りへの対処の進捗管理が必要である。