転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

父からの電話

 

今朝、不注意で麦茶ポットを割ってしまいました。

これだけならまあ、良くある「やっちまったぃ」な

ことで流しちゃうのですが。

 

実はその後、滅多に鳴らない固定電話のベルが鳴り

ました。勿論その時は「またセールスか…」なんて

思ってたのですが、留守電の応対を聞いていたら実

家の父の声。

 

 

どうでも良いことですが、父の声はやたらデカイの

で、受話器を持っていると耳が痛くなるんですよ。

自分の親だし慣れているとは言え、ちょっと困るこ

とではあるんです。

 

その父が朝から電話してくるなんて珍しすぎて何か

あったのかと思ったら、まあ本当に驚かせてくれる

ようなことを言ってくれました。

 

 

 

父は2017年の年末頃に肺炎で入院したことがあった

のですが、その時に貧血が酷いとか言われていたん

です。本人が言うには、その貧血の原因を大学病院

で調べてもらったら発作性夜間ヘモグロビン尿症

いう病名が付いたそうで。

 

デカイ声で喋ってくるせいで「は?何だよそれ」と

思う間もなく*1、「その病気に効く薬はあることは

あるんだけど、副作用で死ぬこともある」と続き、私

の頭は少々混乱して話が飲み込めませんでした。…が

本人は後日かかりつけの病院で相談して、その薬を飲

むかどうかを決めてくると言い、事も無げに「まあ、

そう長くないっちゅうこっちゃ」と。

 

 

f:id:nekomama:20191224022945p:plain



 

 

 

私が唖然としている間に、父は言いたいことを言い終

わったのか早々に電話を切ってました。おいおい、朝

からデカイ声で冗談みたいなこと言うなよと思いつつ

も気分はどんよりしたまま過ごすこととなりました。

確かに、いつまでも親が元気でいる訳じゃないし、い

つかそういう時が来るのは分かってたけど。

 

まだ充分元気な本人の声と、聞いた話とのギャップが

大きすぎて私は目眩がしそうです。

 

www.nanbyou.or.jp

 

 

 

 

おかげで、ひめべん参加の話を書くどころではなくなりました…

*1:ついでに病名も薬の名前も聞き返す暇もありませんでした