転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

応用情報試験から

 情報システムのリスク分析における作業(1)〜(5)の,適切な順序はどれか。

 (1) 損失の分類と影響度の評価
 (2) 対策の検討・評価と優先順位の決定
 (3) 事故態様の関連分析と損失額予想
 (4) 脆弱性の発見と識別
 (5) 分析対象の理解と分析計画

 ア (4)→(5)→(2)→(3)→(1)

 イ (4)→(5)→(3)→(2)→(1)

 ウ (5)→(4)→(2)→(3)→(1)

 エ (5)→(4)→(3)→(1)→(2)