転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

 CPU の 1 次キャッシュメモリ及び 2 次キャッシュメモリ(以下,1 次,2 次と
略す)の説明のうち,適切なものはどれか。

 ア 1 次と 2 次は,アクセス速度による分類であり,高速なものを 1 次,低速
  なものを 2 次という。

 イ 1 次は磁気ディスクとCPU間のデータ転送速度を高速化するためのメモリで
  あり,2 次はビデオボードの描画を高速化するためのメモリである。

 ウ 1 次はメモリアクセスを高速化するためのメモリであり,2 次は主記憶の
  容量を見かけ上増やすためのメモリである。

 エ CPU から最初にアクセスされるものを 1 次,そこに必要な情報がない場合
  に次にアクセスされるものを 2 次と呼ぶ。