転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

 フォールトトレラントシステムの実現方法に関する記述のうち,最も適切な
ものはどれか。

 ア システムを 1 台のコンピュータではなく,複数台のコンピュータで多重
  化する。

 イ システムをフェールソフト構造ではなく,フェールセーフ構造にする。

 ウ 装置や機器を二重化するのではなく,重要な処理を稼働率の高い装置で
  処理する。

 エ ハードウェアではなく,ソフトウェアによってフォールトトレラント
  実現する。