転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

 製品 M,N を,機械 P,Q による 2 工程で生産している。表は,各製品を 1
単位生産するために要する各機械の所要時間,及び各製品の 1 単位当たりの販売
利益を示す。機械 P,Q の月間稼働可能時間はいずれも 200 時間である。販売
利益が最大となるように製品 M,N を生産し,すべてを販売したときの,販売利益
は何万円か。ここで,製品 M,N ともに生産工程の順番に制約はなく,どちらの
機械を先に使用しても製品は生産できるものとする。

    ┌───┬───┬─────────┐
    │機械 P│機械 Q│単位当たり販売利益│
┌───┼───┼───┼─────────┤
│製品 M│30 分 │20 分 │   2,500円   │
├───┼───┼───┼─────────┤
│製品 N│15 分 │30 分 │   3,000円   │
└───┴───┴───┴─────────┘

 ア 100

 イ 120

 ウ 135

 エ 220