転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

読了(o^∇^o)ノ

図書館の本

ナイトシミー―元気になる魔法

ナイトシミー―元気になる魔法

エリックは、誰とも何も話したくなんか、なかった。その理由は
話の中で明かされることはなかったが、どうやら彼は心を閉ざ
していたようだ。けれども、彼にはナイトシミーという友達がいた。


だから、寂しくなんかなかったのだろう。表向きは。


でも、ある時。ほんの些細なことでエリックの関心が外の世界へ
向かった頃、ナイトシミーは姿を消してしまった。
まるで、彼に友人が出来るようになるのを待っていたかのように。




原作は、こちら
The Night Shimmy

The Night Shimmy



じゃーん!

じゃーん!

昨日の夜、ママはロッテの大好きな本を読んでくれた。色んな動
物がいっぱい出てくるお話。だから、今日のロッテは色々な動物
に変身するの!ライオンや、クマ、お猿さんにもなるよ。




原作は、こちら
Rah!

Rah!



アーネスト・サトウ―女王陛下の外交官 (時代を動かした人々 維新篇)

アーネスト・サトウ―女王陛下の外交官 (時代を動かした人々 維新篇)

実は、この本を読むまで、サー・アーネスト・サトウのことを知らな
かった。彼は子供の頃に読んだ、日本を紹介する本に惹かれ、もっと
日本を知りたいと願うようになり、「外交官になって日本に行こう」
という志を持っていた人だった。それ自体が珍しかったのではないかと
思うけど・・・。


それだけではなく、彼の成したことは時代の転換に深く関わっている
ことにも驚いた。人の出会いとは、かくも不思議なものかと思う。彼は
「英国策論」を書き、明治維新への扉を開いたその人だからだ。私は
そんなことは全く知らなかったが、幕末の日本にやってきた英国人
彼がそこまで当時の日本を理解し、そして過激とも思われるものを書
いていたことに、ただただ驚いた。

彼は後に、「一外交官の見た明治維新」という著作も残している。