転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

 コンピュータシステムの保守方法のうち,最も適切なものはどれか。

 ア システムの安定稼働を考慮して,長期の保守計画を立て,システムに異常
  が見られなくても定期的に保守を行う。

 イ 定期保守の直前であれば,障害が発生してもシステムを停止せずに運用を
  継続するための対策を立てて,定期保守のサイクルを守る。

 ウ 保守契約を締結するとき,保守の方法・時期などの契約内容については,
  経験豊かな契約先の専門家の意見に従って決定する。

 エ 保守作業は,システムの設備場所でユーザ立会いの下に行うことが大切で
  あり,分散システムであっても遠隔保守はできるだけ避け,現地保守を行う。