転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

いつもの勉強の代わりに『福翁自伝』を読む

先日の合格発表当日には特に凹んだ訳ではなかった

のですが、やはりどこか落ち込んでいたようです。

 

いつもの勉強をする気にならず、図書館から何となく借

りた本が『福翁自伝』でした。(何でこうなった?!)

 

 

 

福翁自伝

福翁自伝

 

 

 

ところで私は福沢諭吉という人をよく知らなかったのです

が、この本をめくってみると、なかなか愉快な人となりが垣

間見えて面白そうな気がしました。あ。勿論、彼が中津藩の

下級武士の家に生まれた人で大坂の緒方洪庵が主宰する

適塾に入門して蘭学を学んだ人だというのなら何となく知

ってるって程度ですよ。

 

その彼が読み書きを習い始めたのが15歳ごろとか、諭吉が

幼い頃に亡くなってた父親が彼を僧にさせたいという希望

を持っていたとか、適塾にいた頃の勉強風景が現代人から

見たら結構ハードだったりとか…。色々なエピソードを見て

ると、彼に「学者」のイメージを持ってたら「それだけじゃない

わ」と言われそうな感じしかしませんでした。

 

まだ全部読み切れていないのですが、面白そうなので全部

読んでから読書日記でも更新したいところです。

 

 

 


f:id:nekomama:20180310231245j:image