読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

努力が報われることは少ないが、決して無駄ではない

日記

オリンピック報道を聞いていると必ずと言っていい程

メダルの話題が出る訳ですが、このメダルを取るため

に選手は多大な努力をして臨んでいますよね。

 

でも、メダルには数に限りがあります。だから、ほんの

少しの差で目の前に見えていたはずのメダルが他の

人の手に渡ってしまいます。

 

 

仮にメダルを「努力に対する報奨」とするならば、一流と

見做されている選手が集まっても、やはりメダルが得ら

れるのは、その一部です。数に限りがあるのだから、それ

は仕方がないことですし、正式なジャッジがあってのこと

なので何らかの不備でも無い限り、ひっくり返ることはな

いと思います。

 

私自身はスポーツ観戦をあまりしない方なので、どの競技

で、どんな選手がメダルを獲得したのかは知りません。*1

選手の多くがオリンピックでメダルを取ることを目標にして

努力してきたことは、その形で還ることはないでしょうが、違

う形で表れているか、違う戦いへのモチベーションになって

いるのかもしれません。*2

 

人によっては、それでも「無駄」と言い放つのでしょう。

 

 

でも、本当に無駄と言い切れるのでしょうか。

 

私は、そうは思いません。メダルという、目に見えるものだけに

心を奪われることだけが価値のあるものなら、数々の名勝負と

呼ばれるものは語り継がれないでしょうから。

 

メダルは確かに貴重なものですが、ただ結果に付いてきたもの、

それだけです。

 

 

 

たまたまオリンピックの結果をニュース番組で聞いただけ

なんですが、それを通して見えるものから、取り留めのない

ことを書いてみました。

*1:話題になった人の話は、なんとなく分かる程度です。

*2:実際のところは、ご本人にしか分からないので根拠のない推測でしかないですけど