読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

高度試験の勉強の仕方を参考にする

学習 情報処理技術者試験 日記

 

今回、私は「秋の試験を休むことにした」とは言いました

が、勉強を休むとは一言も言ってない訳でして…(笑)

 

たまたま友人のブログを見たら高度試験の午後Ⅰ試験の勉強方法が話題に

なっていたので、「これって、応用情報・基本情報の午後試験でも役に立ちそ

うだな」と思いシェアしてみました。

 

と言うのも、応用情報の午後試験は記述式試験で、高度試験の午後Ⅰ(記述)

と勉強方法が一緒のような気がしたからです。基本情報の午後は選択式です

が、出題形式は同じようなものです。

 

 

s.ameblo.jp

 
私が参考にしたいと思ったのは、この部分です。
 
問題を解いてみて

・間違った箇所
再現性の無いところ
・自信がないところ
・偶然あたったところ
・時間のかかったところ


などを、見つけ出し、その

 原因

を自己分析するのです。
 

 

情報処理技術者試験の午後試験は、基本的に同じ問題を繰り返し出すことは

ありません。なので、ただ過去問を繰り返し解いて覚えるという方法だけでは太

刀打ち出来無いんです。

 

そこで、シェアした記事にあるようにPDCAサイクルを回していく

のは大事になってきます。

 

友人は複数の高度試験に合格していますから、その方法は恐らく正しいし、参考

にすることは可能だと思います。この秋の試験を受験される方は、その彼のブログ

記事を参考にされてみては如何でしょうか。

 

 

 

ちなみに午前試験では、知識だけを問われるので過去問を繰り返し解くというのは

使えますよ。

 

 

 

あ、そうそう。別の友人がオススメしている参考書に、こういう本がありました。

勉強のヒントを探す一助になると思いますよ。

情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期

情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期