転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

「英断」なんて、言わないで

まずは、この2つの記事を見て下さい。

 

togech.jp

 

ryutsuu.biz

 

 

やっと、この動きが出てきました。

 

悪いけど、私は英断とは全然思いません。むしろ、漸くこの動きが出た

のかと思ったくらいですから。1995年以降、百貨店でもスーパーでも

営業時間拡大の動きが広がり、ついには年中無休に近い状態にまで

なってしまったのをみてきましたので。

 

その結果、売上はどうなりました?上がってはいない筈です。例え一時

的に売上は上がったとしても、粗利は取れていないでしょう。だって、顧

客として見れば、いつでも行けるんですもの。一度にそんな多くの物は

要らないし、買いませんよ。*1

 

そうなると、まず従業員数を減らしたり給与額が下げられたりして、中で

働く人々が働きにくくなります。労働環境が悪くて、どうして顧客サービ

ス向上なんて出来るんです?正直言うと、そんなの無茶です。どこの店

でも「お客様第一」って言いますけど、そうする為には従業員の満足度

も上げていかないと気持よく働こうなんて思えません。実際に、そういう

現場を見たことはあります。

 

 

顧客としてみると、店が長く開いてるのは便利です。しかし本当にそれっ

て、必要ですか?

 

便利なことが全て正しくて良いことなのかと問われたら、私はそうじゃな

いと答えます。私はスーパーで働いていた頃から、そう思っていました。同

時に虚しさもありました。売上の数値も大事ですが、そこだけに偏った結

果、顧客満足度が落ちていたら本末転倒でしょうね。

 

 

f:id:nekomama:20151210063628j:plain

 

 

引用した記事とは関係ないですが、おせちを買っても無駄にしてしまう生活

を何年かしていたことがある*2ので、現在おせちを用意しなくなりました。

もう私は、あの嫌な気持ちになりたくありません。

 

*1:勿論、家族構成や年齢にもよります

*2:売上げ貢献の一環で、クリスマスケーキ&おせちを買うのが義務でした