転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

計画に余裕は大切

IT関係の人だと、それをバッファと呼ぶかもしれない。また、他の人は予備と

呼ぶかもしれない。

 

学習計画に余裕を持たせることって、とても大事だ。私自身は、そもそも計画

を立てること自体が苦手だったのもあって、さして重要視していなかったの

だが。

 

でも自分が考えた通りに、勉強が進むとは限らない。日によって、調子が出な

い時だってあるからだ。そんな時、敢えて作っておいた余裕時間が役に立つ。

まあそんなことは資格試験の勉強や、高校や大学の受験勉強でも言われる

ことで、改めて言うことではないことだ。けど、どうしても忘れがちになる。

 

だから計画を立てるとき、例えば「平日は時間を作って勉強するけど、週末は

予備として取っておく」なんて方法がある。人によっては、平日の決まった曜

日を予備にするかもしれない。私の場合だったら、「テキストを1週間で読み

きる予定だけど、2日を予備にしよう」という具合。

 

予備があることで、少しだけ心に余裕が出来る。そんなことに今更、気付いた

2日間だった。