転んでも転んでも立ち上がる 諦めないための記録

諦めないために学習記録を残しています。日商簿記検定・情報処理技術者試験の勉強記録が多いです。

巻き込む人と、巻き込まれる人・続き

先日、同じタイトルで記事を書いたんですが、ある友人から「衛星は、どんな

イメージなの?」と聞かれたので考えてみました。

 

衛星は、惑星や準惑星の周りを回っているけれど、必ずしも1つの惑星に1つ

あるとは限りません。が、一緒にいる惑星とは小さなグループになってる感じ

がします。そして、お互いに少しずつ影響を与えあっているイメージが湧いて

きました。それと、惑星を形づくっている一部なのかもしれません。

 

そこから考えると、周りから巻き込まれる人にも様々な要素があり、

考え方も様々なのだろうと思います。恒星のアツさとは違うアツさかも

しれませんし、冷めているように見えてるけれど別の一面が隠れているのか

もしれません。その衛星とは離れがたい結びつきがあり

そうです。そんなイメージを私は持ちました。

 

あと、ついでと言っては何ですが、彗星のイメージはターニング

ポイント。ある決まった周期で現れる彗星って、不意に現れるターニングポ

イントみたいに感じてしまうんです。

 

人の場合、そんなにハッキリとしたものじゃないでしょうけど、後から振り返った

時に「あれが、そうだった」と気付くことがある・・・そんなところからイメージして

います。

 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△

今週末・来週末と、友人たちが講師を務める勉強会が岡山であるそうです。

まだ席があるかどうかは分かりませんが、お近くの方はお問い合わせだけ

でもしてみて下さいね。

 

ameblo.jp